• ④ 人間関係で世界を見る その4 関本塾 うつ病 癌 足つぼ 岡崎
         人間関係で世界を見る   その4 目に見える世界(認識できない)意外の他者 <私>と<目に見えない世界>との関係です。僕が今回1番まとめたいと思っていた関係です。具体的な例を書きたいのですが、他者の存在という概念は範囲が大きすぎて良い例が浮かびません。当然ですね、人が考える事のできうる範囲、能力いっぱいと言う事ですから。でも思いつくままかいてみます。 ①意外な他者(困った自分の...
  • ③ 人間関係 その3 世界を見る 関本塾 足つぼマッサージ sekimotojuku
             人間関係で世界を見る              その3 人間関係の基本は話し合いです。会話は私達と私の区別をつけていくし、他者とのみさかえも深めます。言ってみれば、差別や偏見を深める事にもなります。しかしまた、会話は相手の理解を深め、差別や偏見を取り払えるのです。しかしコミュニケーションを拒否したり、そもそもコミュニケーションが出来ない事もあるのです。 ここで大事になってくる...
  • ② 人間関係で世界を見るーその2 関本塾 足つぼマッサージ 癌 うつ病 岡崎
           人間関係で世界を見る        ーーその2       猫に学ぶ 写真にある猫の写真は、私の趣味だから、と言うわけだけではありません。よく見ると関係性の違いを感じます。モデルはキヨちゃんとこの猫です。  この猫たちは一緒にいても、<私達>と言う認識がありません。先日、サンガクさんが、子猫を探していると言う事で、1匹もらってもらいました。だから今は一匹居なくなりました。しかし、この猫...
  • ① 人間関係で世界を見る  第2章  その1 足つぼ 関本塾 うつ病
     人間関係で世界を見る  第2章  その1               「『人を愛するより、歩きなさい』、ですね!」  ハマコさんは言った「『人を愛するより、歩きなさい』、ですね!」 。人を愛するのは難しい、それよりも歩く事のほうがやさしい。と言う意味だそうですが、毎日歩くのは人を愛するほどに難しいという意味でもあるんですね。  「『人を愛するより・・」この人というのは他人と言う意味だと思います。 ...
  • 足ツボ ストレス アルカリイオン水 人間関係 温泉 関本塾
         足ツボの痛みは<生きている喜びを実感させてくれる>。 あまりの痛さに、子供の事も金銭の事も、人間関係の悩みも、とりあえずほっといて、痛みにどう対処したらいいのかうろたえる。しばらく余分な事は考えない。余分な事って何?。そして痛みが去って、自分のことがまず第一なんだと実感する。本当に自分を大切にする事を、考えさせてくれるのです。今の自分に納得し、今を楽しむこと。先回の俳句の続きです。泥棒に...

プロフィール

関本塾 岡崎市

愛知県の山奥生まれ、岡崎市に住んでます。そば屋を27年、足つぼマッサージ7年、三味線も弾きます。
 趣味はたくさん、山登り・音楽(作詞・作曲)・オートバイ・旅行(バックパッカー)・手作り工作・猫のミーちゃん・生物医学、などなど、
 癌になって気付きました。心と体の開放(生き生きする事)が1番大事だって!!

最新情報